世界中のコア情報を載せていきます。

健康 食の安全

インドがモンサントを追い出した

投稿日:2018-05-17 更新日:


5月7日、
インド最高裁は、
モンサント社が遺伝子組換えコットンの種子(BollgardとBollgard II)の
特許化に対する請求を退けた
デリー高裁の判決を支持する判決を出した。

デリー高裁は『種子と植物の多様性は特許化できない』とし、
モンサントが種子販売ライセンス保持者Nuziveedu Seeds Ltdが
種子を販売することをブロックすることを禁じた。

また、モンサントはNuziveedu Seeds Ltdの
未払いの種子使用料を請求していたがそれも却下された。

インドの司法によりモンサントによる
コットン種子の支配は退けられた。
モンサントの遺伝子組み換えコットンが
最初にインドにやって来たのは1995年で、

今日では何と90パーセント以上のコットン収穫が遺伝子組み換えであるという。

バイエルン社のモンサント買収が成立した後、
辞任したモンサント社のテクノロジー部門チーフRobert Fraleyは
「個人的にBollgardコットンがインドでローンチすることをサポートしていたし、
それがどの様に農家の人々に恩恵をもたらすかも知っていた、、、
インドが非科学的で反知的財産的、
反イノベーションの道に進むとは何と悲しいことか」
と嘆いた。

反モンサントで知られるインド人環境活動家Vandana Shivaは
今回の最高裁の判決を『大いなる勝利』とし、

これまでモンサントに不当な種子使用料を払ってきた
農家達に対する賠償金支払いに発展するキッカケになると評価した

※モンサント社が開発したBT(Bacillus thuringiensis)
害虫抵抗性毒素が遺伝子に組み込れたコットンを、
蛾の幼虫、イモムシが食べると毒素でイモムシは死ぬ※

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkoriworld_twをフォローしよう!

-健康, 食の安全
-, ,

執筆者:


  1. かじかわ より:

    インドは「農業収入税」を創るでしょうか?

    • wpmaster より:

      かじかわさん。議論はされてるみたいですけどどこで線引きするのかだとかで進まないみたいですね。例えば年500万ルピー以上稼いでいる農家、とか。

コメントを残す

関連記事

これがガンを治癒したリック・シンプソンがお勧めする大麻オイルのレシピ!

インドの大麻合法化の動き。がん治療のための大麻オイルを売るハーブ屋の情報。

あなたは予防接種ワクチンを拒否できますか?タンザニア国境の話

ガンを48時間で消滅させるフルーツ:ブラッシュウッドベリー

あなたは何歳ですか?と聞かれた時どう答えますか?



Kori
海外こもり歴10年突入。
中米、アフリカのスラム生活から
ドバイの高級アパート生活まで、
幅広く世界を見る視点を養っておる最中であります。
ライフワークはダンス。
趣味は絵画に外国語。
http://koriworld.com で 世界中の情報をお届けしてます

メールアドレスを記入して購読すれば、
更新をメールで受信できます。

204人の購読者に加わりましょう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。