世界情勢

「日本を取り戻す」グローバリストVSナショナリストの世界の潮流の中で日本が進むべき第三の道!

日本経済政策、どこで間違えてしまったのでしょうか?日本の消費が冷え込んでデフレ化し、貧困化していることは明らかです。今私が滞在している世界の観光地、タイでも、全然日本人観光客を見かけなくなりました。こちらのショップ店員曰く「今、日本人観光客…

大手メディアが伝えないアメリカ情勢のおさらい。ネオコンとその背後。

2016年の大統領選でトランプが勝利して以降、 アメリカ国内のパワーバランスが大幅に変更された。 一番大きい変化はなんと言っても ネオコン(Neo conservative=新保守主義)と言われるシオニスト、親イスラエル主義者、対外的タカ派…

またしても戦争を画策する動き。米軍がシリア軍戦闘機を撃墜した。

写真は2015年11月にトルコ軍によって撃墜されたロシア爆撃機su-24、交戦国でもないロシアのパラシュート落下するパイロットをマシンガンで狙い撃ちして殺した。トルコとロシアのトルコ・ストリームと呼ばれる天然ガスパイプラインを中止に追い込む…

カタール+イラン+ロシアVSサウジ+湾岸諸国+軍産マフィア

カタールだけがイラン国旗のジュースを飲んでいるのでハブにされてる図。 dailymirror.lkより。 現在、中近東でまた戦争を画策してる動きがあります。 今回はカタール経済封鎖の問題です。 僕は最近、 日本のメディアはあまり見ないんです…

アメリカは北朝鮮を攻撃するのか?

  まずアメリカは歴史上、先制攻撃をしかけることはない。 いつも攻撃をさせといて(攻撃をでっちあげといて)正当な開戦理由とする。 1915年5月7日 ルシタニア号轟沈事件=ドイツの潜水艦がやったことにして第一次世界大戦に参戦。 1…

トランプのシリアへのミサイル攻撃の真意は何?

こんにちは。久しぶりのブログになります。 過去2週間の近況を説明しますと、 世界の工場と言われる中国広州でサンプル商品を集めて それらをフィリピンとアフリカに送りました。 サンプルが上手くいけば本格輸出です。 どうなることやら。 今はここベ…

インドネシアのテロ組織にサウジアラビアが資金提供!

インドネシアでは2000-2009年の間に6回のテロが起きている 2002年のバリのリゾート地テロで202人が亡くなった事件は日本でも大々的に報道された。 (犯人とされる3人は2009年に死刑執行さる) バリテロの実行犯といわれるジャマーイ…