世界中のコア情報を載せていきます。

世界情勢 仮想通貨

【ペトロコイン】ベネズエラは仮想通貨を使って経済制裁と借金地獄から脱出したい

投稿日:2018-05-16 更新日:

5月8日のベネズエラ国営放送テレスールによれば、

ベネズエラとパレスチナが仮想通貨を用いた2国間銀行を発表。

ベネズエラが既に発行している仮想通貨2000万ペトロを
原資
としてスタートするこの新銀行は
アメリカからの経済制裁を掻い潜って

インフラやテクノロジー投資のための資金を集められるという。

再選を果たしたパレスチナレーダーMahmoud Abbasは
マドゥーロ大統領とカラカスで経済協力の調印式を執り行った。
ベネズエラ観光大臣Marlenys Contrerasと
パレスチナ国際協力部門の代表Imad Zuhairiも
ホテルインフラ計画を盛り込んだ資金調達協力を約束をした。

すでに両国は2009年から教育、貿易、農業、防衛、スポーツの分野で協力をしている。
パレスチナリーダーのアバス氏は、
多くのパレスチナ人医師やエンジニアがベネズエラで学んだことや、
ベネズエラがパレスチナに故ウゴ・チャベス前大統領の名を冠した
眼科病院を設立したことに謝辞を述べた。

この会談の2日前、
アメリカのマイクペンス副大統領が
「マドゥーロ大統領の不正選挙を中止させるための」新しい経済制裁を発表した。
(アメリカが主張するマドゥーロの不正選挙というのはアメリカ自身もよく自省しないといけないだろう)

そして、ベネズエラは
経済制裁を2国間仮想通貨銀行によって掻い潜ることを期待している。

ベネズエラは
2017年11月にロシアから借りた借金
31億5000万
ドルを
仮想通貨ペトロでどうにかしたい
と思っている。

しかしロシアの金融大臣コンスタンチン・ヴィシュコフスキーは
仮想通貨を借金のかたに認めるつもりは今のところないようだ。

※ペトロコインは2018年2月にベネズエラ政府が発行した石油本位制暗号通貨だ。
翌3月には米トランプ大統領は米国人のトークン購入を禁止した。
タイムズマガジンは
ロシアがベネズエラの仮想通貨発行を手伝っているとしたが
ロシアは否定している。

ロシアはペトロコインがいくら石油にバックされてる仮想通貨とは言え、
(ドルは使いたくないが)
人民元やルーブルなど各国法定通貨を優先するということですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkoriworld_twをフォローしよう!

-世界情勢, 仮想通貨
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

テロリストがアカデミー賞オスカーを受賞「ホワイトヘルメット」

ラスベガス銃撃テロまとめ。少なくとも2機のヘリからコンサート会場への射撃があった。

米国が毛嫌いするファーウェイ(huawei)ビットコインウォレット搭載携帯を発売へ

アメリカは北朝鮮を攻撃するのか?

シャドーガバメントとディープステートはどう違うの!?元CIAケヴィン・シップ氏から学ぶ



Kori
海外こもり歴10年突入。
中米、アフリカのスラム生活から
ドバイの高級アパート生活まで、
幅広く世界を見る視点を養っておる最中であります。
ライフワークはダンス。
趣味は絵画に外国語。
http://koriworld.com で 世界中の情報をお届けしてます

メールアドレスを記入して購読すれば、
更新をメールで受信できます。

206人の購読者に加わりましょう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。