世界45ヵ国旅行しながら書いています。滞在国や世界の情報を提供します!

フィリピン 世界情勢

ドゥテルテ大統領「フィリピンは独立国です」フルインタビュー前半*日本の似非保守、似非愛国者必見*

投稿日:

愛国者、保守を名乗っているくせに海外勢力の植民地政策に乗っかている人たちはすぐにドゥテルテ大統領の爪の垢を煎じて飲んでください。

 

RT「大統領、就任以来、何か予測のつかなかった事態などありませんでしたか?」

ドゥテルテ「私はすでに40年間政治家をやっていました。しかし、これまで国民戦線系のニュースや政府系のニュースを聞いていましたがフィリピンのドラッグ汚染がこれほどまで重要な問題だとは気づきませんでした。

それはダバオ市でもあったように単に今日はここが捕まって、今度はここが、というような毎日継続する問題とは思っていたんですが、、、しかし大統領になってからは全ての情報を知ることになったのです。

すでに数百万にが覚せい剤によって汚染されていることに驚きました。私が(ダバオの)市長だった時、私は「私の街を破壊するな。我々の宝である若者たちを破壊するな」と言いました。

ほとんどの我々は貧困層です。お年寄りたちは子供が将来彼らの生活を助けてくれるのだろうと期待しているのです。

だから私は「私の国を破壊する者、我々の大切な若者たちを破壊する者にはI WILL KILL YOU(殺すぞ)」と言ったのです。

私は人権侵害の卸売りをやっているのではありません。私は警察にただ命令を与えるだけです。私の命令はシンプルです。外に行って覚せい剤の売人を捕まえてこい、です。

しかし警察の命が奪われるような危機的な抵抗にあった時には「殺せ」と言ってあります。以前は警察や軍がその様な状況でも相手を殺すことに対して、人権問題による躊躇がありました。EUやアメリカは人権と言う名の新しい現象を利用して他国に内政干渉してきます」

RT「あなたは以前のインタビューでもおっしゃられていますが、覚せい剤の売人を取り締まる過程で関係のない一般人に犠牲者が出ることを、公正な代償だと思いますか?」

ドゥテルテ「アメリカも一緒の事をやっていますよ。爆弾を落とすたびに関係のない人が死んでいる。アメリカだけ免罪になって私は就任して間もない大統領だからフィリピンはダメ?これのどこに公正さがあると言うのですか?

アメリカはイラクが大量破壊兵器を持っていると言って侵略したことをどう言い訳しますか?彼らは侵略のおかげで多くの人々が殺されました。どこに正義がありますか?あの正義はよくてこの正義はダメ、など公正ではありません。」

RT「それがあなたがアメリカから離れた理由ですか?」

ドゥテルテ「そうです。なぜならアメリカは私が立たされた状況を理解することを拒否しました。自分達は同じ状況を戦争という、より大きなスケールでやっているくせに。

アメリカは中米の独立国家であるパナマに進行して、大統領を捕まえて、国外に連れて行き、ニューヨークの独房に入れました。彼は連邦裁判所で裁判にかけられ有罪宣告を受けました。その理由は何でしたか?ドラッグです。

私は国内の犯罪者と戦っているだけです。私はアメリカのように他国が大量破壊兵器を持っていたとしてもそれを理由に侵略したりしません。アメリカは一体何を理由に私を批判できるでしょうか。

RT「あなたと過去のアメリカ大統領の関係は完璧ではありませんでした。ドナルド・トランプはどうですか?」

ドゥテルテ「トランプ大統領は、現実的で実践的で、とても良いと思います。過去のアメリカ行政は戦争だけではなくロシアやフィリピンなど他国との関係において、苛立ちと対立の源でした。

もちろん新しい大統領になったからといって過去の全てを水に流すことはできませんがトランプ大統領は私が正しい行いをしている、と私に言いました。数週間前にあった彼のドラッグ問題に対する表明を聞いても、私の言葉と似ています。

しかしアメリカ議会はトランプ大統領と不調和です。こうしてる今も大統領を弾劾する脅迫が続けられています。彼がやりたいことは議会の「CHECK & BLANCE」にかけられて時には差し止めさせられています。

私はアメリカに対抗するつもりはないですし、トランプ大統領は私の友人です。しかし私の外交方針は従来の「西側支持」からシフトしたのです。

私は今、中国との同盟に取り組んでします。そしてロシアとの連携もうまく行くと期待しています。

何故だと思いますか?欧米は例外なく二枚舌=Double talkだからです。

RT「フィリピンが歴史的なアメリカとの協調から離れることに社会からの支持は得れていますか?」

ドゥテルテ「フィリピンの誰かが不満を言ったなら、それは私が次の不満を述べたと同等です。”50年前にこの国を侵略した彼らはこの島から甘い汁を吸っている。これのどこが私を幸せにしてくれますか?”

RT「あなたがとても怒っているのを感じます」

ドゥテルテ大統領「もちろん!あなたは私のことをまだ植民地だと思って接しているのですか?冗談はよしてください。どうして私があなたがフィリピンを代理人や植民地だと扱うことを認めれるでしょうか。」

「フィリピンは独立国です」

~つづく~

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkoriworld_twをフォローしよう!







-フィリピン, 世界情勢
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カタール+イラン+ロシアVSサウジ+湾岸諸国+軍産マフィア

カタールだけがイラン国旗のジュースを飲んでいるのでハブにされてる図。 dailymirror.lkより。 現在、中近東でまた戦争を画策してる動きがあります。 今回はカタール経済封鎖の問題です。 僕は最 …

ドゥテルテ大統領「CIAによる暗殺」「対中政策」「アメリカは二枚舌」フルインタビュー中編

我々は独立国です。 我々は試練に耐えることになるでしょう。しかし今回我々は尊厳の道を選びました。」 RT「と言う事は国内にアメリカは必要ないということですね?本気ですか?」 ドゥテルテ大統領「完全にそ …

追加:北朝鮮のグアム攻撃は偽旗作戦Byジム・ストーン氏

jimstonefreelanceジムストーン氏の、北朝鮮によるグアム攻撃のニュースは開戦を望む人たちによる捏造、偽旗作戦であると言う前回の記事への追加記事が出てたので翻訳します。ジムストーン氏は太平 …

今、インドネシアのジャカルタに来てます。

今、インドネシアのジャカルタに来てます 今世界ではイギリスのEU離脱、 トランプ大統領の対ロシア政策の方向転換による世界多極化へ移行する 重要局面を迎えておりますが、 戦後70年、意思決定権不在の日本 …

またしても戦争を画策する動き。米軍がシリア軍戦闘機を撃墜した。

写真は2015年11月にトルコ軍によって撃墜されたロシア爆撃機su-24、交戦国でもないロシアのパラシュート落下するパイロットをマシンガンで狙い撃ちして殺した。トルコとロシアのトルコ・ストリームと呼ば …




Kori
海外こもり歴10年突入。
中米、アフリカのスラム生活から
ドバイの高級アパート生活まで、
幅広く世界を見る視点を養っておる最中であります。
ライフワークはダンス。
趣味は絵画に外国語。
http://koriworld.com で 世界中の情報をお届けしてます

twitter
https://twitter.com/koriworld_tw

mail
koriblog@yahoo.co.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。