世界45ヵ国旅行しながら書いています。滞在国や世界の情報を提供します!

世界情勢

カタール+イラン+ロシアVSサウジ+湾岸諸国+軍産マフィア

投稿日:2017-06-19 更新日:


カタールだけがイラン国旗のジュースを飲んでいるのでハブにされてる図。
dailymirror.lkより。

現在、中近東でまた戦争を画策してる動きがあります。

今回はカタール経済封鎖の問題です。
僕は最近、
日本のメディアはあまり見ないんですが
多分論調的にサウジの仲間だったカタールが
あの悪い核開発独裁国家イランというテロ支援国家
【悪の枢軸】に寝返ったので経済制裁された。
て感じなのではないですか?

①サウジアラビア、アラブ首長国連邦、エジプト、バーレーン。
6月はじめ、
サウジは外交、経済両面でカタールと断交した。
UAE、バーレーンもサウジに賛同する声明を発表した。

彼らの主張は
「カタールはムスリム同胞団、
ハマス、アルカイダなどのテログループを支援したり、
ドーハ(カタールの首都)で匿ったりしている」
と言うものだ。
カタールはこれら湾岸諸国の主張を否定している。

このブログでは度々説明してますが、、、
↓おい、サウジアラビアこそ
「テロリスト達」にいっぱいお金と武器あげてたんちゃうんか。

【プレスTVによると】
アメリカ海軍の元兵士ケン・オキーフ氏が
アメリカが1100億ドルの兵器売却契約により
サウジアラビアに引き渡す予定の兵器の大半は、
結局はISISのテロリストの手に渡ることになる」
と述べています。

アメリカのトランプ大統領が
先月20日にサウジアラビアを訪問した際、
両国は3800億ドル相当の契約に調印し、
そのうち1100億ドルはサウジアラビアに対する
兵器の売却契約となっています。
http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i31568
パーストゥデー6/17より

さらに言うとISISは、
アメリカ、イスラエル、サウジアラビアの
諜報機関により育成されているので、
アメリカ、イスラエルも黒幕だと認識できるか
出来ないかで世界の見方が変わってくる。

・ISISのリーダーアル・バグダディとイスラエル諜報員サイモン・エリオットが完全一致
・ISISの負傷兵はテルアビブで治療を受けてる
・米軍が軍事物資を「誤って」ISISの領内に落としまくり。等など。

湾岸諸国がカタールを村八分にした理由は、
カタールがヨーロッパに繋がる
石油天然ガスパイプライン計画を
サウジを蹴って、ロシア、イラン、シリアと提携した事が大きい。
これはトルコがロシアから
ISISを支援している事を追及されて、
その圧力に屈して西側諸国のシリア政策から手のひらを返して
ロシア、イラン、シリア側に着いた状況に似ている。

「手の平を返す」

以前のカタールはサウジ、UAEと一緒にISISなど傭兵(Takfiri)
を使ってシリア政府と戦っていた事は広く知られている。
(日本の大マスコミは全日本人白痴化作戦を取っているからそれを教えないが)

カタールはこの村八分について
「我々が外交的に独立政策を取ったからやられた」と言っている。.??
日本も「外交的独立」したら同じような事が起きるだろう。??
またバーレーンはカタールがAl-wefaq(現在解散中)という
反バーレーン政府のリーダーと
2011回もの電話連絡をしていたと非難している。
ロシアとの提携の裏には色々な諜報的暗躍があるはずだ。

アメリカの上院がイランへの追加制裁案を通した。
アメリカとイランの核合意はアラブ地域安定化への一歩だった。
しかし、カタールも加わったロシア、イラン、シリアによる
石油天然ガス利権の奪取はサウジなどの湾岸諸国の王様たちを怒らせた。
さらに言うとそのバックの石油、戦争マフィア。
当然、今回追加制裁により
イラン、カタールへの対立を先鋭化することによって
戦争に持ち込む計画も用意されているのだろう。
上院で通過されたイラン追加制裁案を可決するには、
下院での可決と「大統領の署名」が必要。

このブログでは今のところ、
トランプ大統領が「反軍産マフィア政策」を
取っていると仮定して、
世の中のインフォメーション、ディスインフォメーション両方を
俯瞰すれば色々なニュースのつじつまが合って見えるな、
というスタンスです。
なのでトランプの本件に関する動向は大注目です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkoriworld_twをフォローしよう!

-世界情勢

執筆者:


コメントを残す

関連記事

ドゥテルテ大統領「トランプはプーチンと一緒にテロと戦え」「子供のころ神父から性的虐待された」インタビュー後編

ドゥテルテ大統領 今の問題は特に中東の原理主義者、過激派たちがフィリピンの南の島を乗っ取ろうとしていることです。 イラク問題の時、大量破壊兵器も見つかっていないのに理由なしにアメリカが宣戦布告に踏み切 …

大手メディアが伝えないアメリカ情勢のおさらい。ネオコンとその背後。

2016年の大統領選でトランプが勝利して以降、 アメリカ国内のパワーバランスが大幅に変更された。 一番大きい変化はなんと言っても ネオコン(Neo conservative=新保守主義)と言われるシオ …

【ペトロコイン】ベネズエラは仮想通貨を使って経済制裁と借金地獄から脱出したい

        5月8日のベネズエラ国営放送テレスールによれば、 ベネズエラとパレスチナが仮想通貨を用いた2国間銀行を発表。 ベネズエラが既に発行している仮想通 …

またしても戦争を画策する動き。米軍がシリア軍戦闘機を撃墜した。

写真は2015年11月にトルコ軍によって撃墜されたロシア爆撃機su-24、交戦国でもないロシアのパラシュート落下するパイロットをマシンガンで狙い撃ちして殺した。トルコとロシアのトルコ・ストリームと呼ば …

ドゥテルテ大統領「CIAによる暗殺」「対中政策」「アメリカは二枚舌」フルインタビュー中編

我々は独立国です。 我々は試練に耐えることになるでしょう。しかし今回我々は尊厳の道を選びました。」 RT「と言う事は国内にアメリカは必要ないということですね?本気ですか?」 ドゥテルテ大統領「完全にそ …




Kori
海外こもり歴10年突入。
中米、アフリカのスラム生活から
ドバイの高級アパート生活まで、
幅広く世界を見る視点を養っておる最中であります。
ライフワークはダンス。
趣味は絵画に外国語。
http://koriworld.com で 世界中の情報をお届けしてます

Email

koriblog@yahoo.co.jp

twitter

Facebook

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

177人の購読者に加わりましょう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。