世界中のコア情報を載せていきます。

陰謀論

911内部犯行説容認は古代ローマ数学者にとっての0の容認

投稿日:2017-05-18 更新日:

古代インドで0=空という特異数の概念が生まれた

0の発明のおかげで数直線上9の一目盛り右が10になる、
という「位取り表記法」が可能になった。
数直線上の0の一目盛り左は‐1となる。
インドで0が発見された後も、
同時期の古代ローマの数学者達はこの0、‐1、‐2、‐3、、、、
という0~負数のマイナスの概念を認めるのに200年かかった。
それは0に対する抵抗感=負数(マイナスの数字)に対する抵抗感だったという。

古代ローマの数学者達は、
0=存在がない状態、や-1、-2、、などの負数は
神の摂理に反する事だと考えたようだ。

今となっては0の存在はあらゆる分野、数学、物理学、哲学、宗教を考える上で
必要不可欠なのは周知の事実。
そこで0の存在を200年も否定し続けた古代ローマの数学者たちと、
911の内部犯行説を未だに否定している学者、マスコミ、政治家とがピッタリと一致する。
911の内部犯行説を認めるという事は、数学においては0を認め、
その後の飛躍的な数学の進化に繋がった、というプロセスと重なる。

と言う事で以下の動画は911内部犯行説の日本語字幕解説です。
ご存じなかった方はイニシエーションとしてご覧になってください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkoriworld_twをフォローしよう!

こちらもポチっとおねがいします。
このエントリーをはてなブックマークに追加ブログランキング・にほんブログ村へ

-陰謀論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

トランプ政策が変化した理由はクシュナーとその背後のグループの圧力

アシモフ:リアルタイムでwindows10ユーザーのパソコンで何が起きてるかをOSチームが把握するテレメトリーシステム!

メジャーリーグ中継で「ブッシュが911をやった」が全世界オンエア

日本大学アメフト部反則、TOKIO山口メンバー、SMAP解散、清原覚せい剤の連日報道の目的

イルミナティは2つある?




Kori
海外こもり歴10年突入。
中米、アフリカのスラム生活から
ドバイの高級アパート生活まで、
幅広く世界を見る視点を養っておる最中であります。
ライフワークはダンス。
趣味は絵画に外国語。
http://koriworld.com で 世界中の情報をお届けしてます

メールアドレスを記入して購読すれば、
更新をメールで受信できます。

202人の購読者に加わりましょう