世界45ヵ国旅行しながら書いています。滞在国や世界の情報を提供します!

ジム・ストーン テロ 陰謀論

ベルリンのトラック襲撃の訂正。実は最初のナンバープレートのレポートは正しかった。 そのこじつけが基本的に何かがとてつもなくめちゃくちゃになっている事の証明。

投稿日:2016-12-20 更新日:

今日はjimstonefleelanceからの翻訳転載です。

http://82.221.129.208/baasepagei1.html
翻訳kori aihara

今回私はこれは絶対的に正解(事実認定)であって
ワシントンの大統領選挙人達かヒラリークリントンを見捨てた事への癇癪ではないと確認した。

今回のベルリンの襲撃(もう事故ではない)では
トラックの前ナンバープレートと後ナンバープレートが同じではなかったのだ。
さらに後ろのナンバープレートが何とUS66で終わっていた。
つまりUS(アメリカ)とユダヤ嘘ナンバーが元々言われていた通りこの方程式に繋がる。

どうやってテロリストがナンバープレートの前後がマッチしないトラックを手に入れたって言うのか?
考えても見てください。
私はそれが偶然だとは思わない。

↓これを見てください。

(読者からのメール):

『ハイ、ジム、たった今ナンバープレートを見直したよ。
トラックの後ナンバーがZGRUS66だったね。それは関係してると思う。
何故ならそれはカルデア人の数秘学では33とイコールなんだ。
私は誰よりもこの分野で秀でてるよ。
それはこの件が偽旗作戦だということを証明してるね。
すべては前もって計画されていた。全てのメディアは作られたストーリーを報じて、
クライシスアクター達が嘘の怪我をして目撃証言をするんだ。常套手段だね。
ロシアの大使が”暗殺”されたのと同じくただのパフォーマンスだよ。
ただ恐怖を煽るだけ。終了。
君は(ジムストーン)その暗殺のビデオを見た?
なんと言うジョークだ!
みんなこのビデオをキチンと見るべきだ。それは明らかだよ。
君はこれまでに幾つもの偽旗作戦に先頭を切って動いてくれて私の目を開かせてくれたね。
ありがとう!それから私はもっと理解してきたよ。
今はとてもクリアです』私の回答:私はその大使の射殺についてヤラセとは呼びません。
しかし、トラックについては偽旗作戦と呼ぶでしょう。
私はカルデア人の数秘学は全く知りません。
しかし、確実にUS66の数字からはアメリカのユダヤ人コミュニティに直結するであろう何かを引き出すことが出来ます。そして興味深いことに私が後のナンバープレートから知り得ることは
そのトラック事件がテロ事件ではなく事故だったという事です。
別の読者が付け加えます:

『そのトラックは翌日にベルリンで荷下ろしを控えており、
休憩地点で待っていたんです。たった一人のドライバーがこの任務に使われたのです。

15時までドライバーからの電話連絡があった。16時からは連絡がないのが確認された。
GPSの記録によれば15時44分に誰かがトラックを動かそうとした。
次の移動の試みは16時52分でエンジンは17時37分まで動いていた。

その間、トラクタは動いていない。
GPSによれば何回か移動の試みる必要があったのだ。
これは寒さからドライバーが車内をヒーターで温めたかったからではない、
それが目的ならば違うシステムが可能だったからだ。

明らかに誰かがトラックの動かし方を習おうと試みていた。

なぜなら彼はそれを動かすことに問題があったからだ。最終的にトラックは19時34分には動き出してベルリンに向かった。ロイターからの最新の情報によると助手席から死体で発見されたポーランド人が元々のドライバーだったことが確認された。
https://alles-schallundrauch.blogspot.sg/2016/12/lkw-rast-in-berlin-in-weihnachtsmarkt.html

確定:元々の運転手が衝突させたのではない、誰が他の者がやった。
彼は襲われた、そしておそらく彼がトラックの死体の男であろう。
警察は実際にトラックを突撃させて
立ち回ったドライバーを確保していると信じてるがまだ確定は出来てない。
それ以上私は何と言ったらいいかわからないが、
しかし何故彼らは盗まれたトラックをテロ攻撃に使ってナンバープレートを前後で変える??

もしこれが偽旗作戦だったのなら
唯一それを可能にするのは事前計画と政府によるGPSのモニタリングでいつ、
どこでトラックが盗られたのかを知る事になるであろう。
このトラックは仕事としてはまさに最悪だった。

それは鋼鉄製のビームを積んでいてそれらを届ける時にそれは拒否された。
だから少なくとも可能性として
貨物を受け取るはずだった人々が関与してるかもしれない。
それから貨物を拒否されたからどこかにトラックを停めなければならず、
そしてこの事件に使われた。最悪の荷物を満タン抱えている最中に。

それは全部、予想だし考えついたことだ。
誰が知るだろう?
私が思うに後ろのナンバープレートは一つの法的な手がかりになるだろう。
私は大統領選挙人団に全努力を傾けたためにこの事件に沢山時間を費やしてはいなかった。
そして私はこの事件について他の物事に比べてあまり心配してない。
私が今心配していることはヨーロッパにおけるNATOの増強とロシアが世界戦争に駆り立てられる事です。
それは彼らの断末魔、そして私はもっと多くの時間をトラックテロ事件以外のものに割いていきたい。

以上はjimstonefleelanceからの翻訳転載でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkoriworld_twをフォローしよう!







-ジム・ストーン, テロ, 陰謀論
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジム・ストーン氏、ハンガリーのソロス追放キャンペーンについての見解。

今週のジム・ストーンさん  Koriの世界探求ニュース オウム真理教の黒幕「ムーニーズ」が日本を牛耳っているhttp://koriworld.com/blog-entry-68.h …

イルミナティは2つある?

もともとこのブログ始めた目的の1つというのが陰謀論と現実の間の架け橋になる、という事でした。 現実として911の真の犯人は誰か? 311は本当に人口地震なのか? 子供をレイプしては殺して悪魔的儀式を執 …

米軍がイスラエルの敵ヒズボラと手を組んだ。アメリカは事実上、内戦状態。

今回はフィリピンのドゥテルテ大統領が「アメリカは左手が右手のやってる事を知らない状態」と言っているのが如実に分かるニュースだ。 つまり、2017年4月6日に『シリア政府が自国民に対してサリンを使った』 …

ジム・ストーン氏のホロコーストに関する見解

元NSAのジム・ストーン氏のjimstonefreelanceからの翻訳記事です。 今、彼のブログのトップには、とんでもない問題が発生して その問題の為にブログの更新が遅れるかも知れない。 だが最終的 …

マンチェスターテロは一年前から予定されていた

日本語字幕また作った。 この動画は、 今年5月22日にマンチェスターアリーナで起きたテロ事件のちょうど一年前、 2016年5月10日に今回のテロ現場からほど近いマンチェスターモールであった 爆弾テロを …




Kori
海外こもり歴10年突入。
中米、アフリカのスラム生活から
ドバイの高級アパート生活まで、
幅広く世界を見る視点を養っておる最中であります。
ライフワークはダンス。
趣味は絵画に外国語。
http://koriworld.com で 世界中の情報をお届けしてます

twitter
https://twitter.com/koriworld_tw

mail
koriblog@yahoo.co.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。