世界中のコア情報を載せていきます。

ドラッグ

巨大製薬会社がシャブの原料をドラッグカルテルに売っていた!

投稿日:2017-03-19 更新日:

今覚醒剤戦争真っ只中のフィリピンにいて、

いつも思うのは誰が世界のドラッグ流通の真の黒幕なのか、、
供給者は?製造者は?てことなんですけど、
今回発見した記事を見て納得。

以下の記事はJohn Vibes氏の記事の翻訳記事です。
www.JohnVibes.com彼のウェブサイトも紹介します。

Pharmaceutical Giants Caught Supplying Cartels With Tons of Bulk Ingredients to Produce Meth


2016年3月。
ベルギーの検察は、ベルギー国内製薬会社数社が
覚醒剤の原料エフェドリンをEzio Figueroa Vazquez率いる
メキシコのドラッグカルテルに大量に売っていたとして起訴すると発表した。
検察によると起訴された7人の役員本名や所属会社名などは伏せられているが、
ロイターが暴いたところによるとベルギーの巨大製薬会社3社の内、
Sterop社とAndacon社の2社が関わっていると言う。

これらの会社は一体誰が覚醒剤の原料を買ったかという証拠は無いとしているが、
一方で検察はこれらの役員達がどこの誰に原料を売ったかを示す証拠を押さえてあるという。
その証拠にはEメールと通話記録も含まれている。

Andacon社の代表コメント

『我々は2006年に2回の船積みを行なって200万個のエフェドリン錠剤を売りました。
当時これらの錠剤は合法でしたし、
我々の個客は自由に取引先に売ることが出来たでしょう。
そして我々はそれらの錠剤が違法ドラッグの製造に使われたのかはどうかについては全く知りません』

検察広報官Eric Van Der Sypt。

『2006~2011年の間にEzio Figueroa Vazquezは
3億6000万ユーロものエフェドリンを
ベルギー大手製薬会社から船荷で受けている。』

脳神経学者Dr.?Carl Hartによってトップ製薬会社が作る
『アデロール(ADHD)』(ナルコレプシーの治療に使うとされる)は
覚醒剤に限りなく近いとの認定をされたが、
それだけでは無く製薬会社はドラッグカルテルに覚醒剤の原料を輸出していたのだ。

以上で翻訳記事終わり。
この製薬会社の株主は一体誰なんでしょうか?
メキシコのドラッグの大ボスEzio Figueroa Vazquezと随分仲が良い様です。

最凶の悪はタトゥーではなくネクタイをしている、という事ですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkoriworld_twをフォローしよう!

こちらもポチっとおねがいします。
このエントリーをはてなブックマークに追加ブログランキング・にほんブログ村へ

-ドラッグ

執筆者:


  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Awesome! Its truly remarkable paragraph, I have got much clear idea concerning from this paragraph.

コメントを残す

関連記事

コカイン14キロがアメリカンエアラインの機首から発見された。一体だれが。

劇場型フィリピンの政治。相次ぐビッグネームの逮捕者と殺害。

あなたは予防接種ワクチンを拒否できますか?タンザニア国境の話

クリントンとアーカンソー州の麻薬資金

覚醒剤戦争!レイテ市長が牢屋内で警察に殺害された。




Kori
海外こもり歴10年突入。
中米、アフリカのスラム生活から
ドバイの高級アパート生活まで、
幅広く世界を見る視点を養っておる最中であります。
ライフワークはダンス。
趣味は絵画に外国語。
http://koriworld.com で 世界中の情報をお届けしてます

メールアドレスを記入して購読すれば、
更新をメールで受信できます。

202人の購読者に加わりましょう