世界45ヵ国旅行しながら書いています。滞在国や世界の情報を提供します!

世界旅行

マレーシアの妊婦さんは男性の被害者なのか?

投稿日:2017-02-08 更新日:

バリに来る時、マレーシア経由だったんですけど
空港内の出口の誘導灯にkeluarと書いてあったのがインドネシアのそれと一緒だったことに気付きました。

【マレー語とインドネシア語は似てる?】

そこでインドネシア人の友達にマレー語とインドネシア語どう違うの?と聞いてみたら、
『マレーシア語は大体理解出来るけど言葉のチョイスが変だ』と言うのです。

どこが変なんだ、と聞いてみると、
例えば産婦人病院という単語が↓
インドネシアではRumah Sakit Bersalin。
マレーシアではRumah sakit korban lelaki。Rumah sakitまでは一緒。
Rumah Sakitとは直訳すると病の家 という意味。日本語も病の院、で病院だから発想は一緒ですね。

で問題はこの後の単語↓

インドネシア語ではBersalin=妊婦の、と言う意味を繋げて『妊婦の病院』で翻訳完成するのに対して、
マレー語ではkorban(被害者)lelaki(男性)、、
つまり産婦人病院のことを男性被害者の病院!?と呼ぶと言うのだ。。

これにはとても信じられなかったので
そのインドネシア人に、それは本当か?本当なのか?と何度も確認しましたが
そうだ、そうだ、と真面目に言うのです、、、。

で、検索してみると、、、
このマレーシアの産婦人病院=男性被害者の病院説はインドネシア人が一方的に書いた記事しか検索に引っかからず、
全くのデマだったと言う事が判り、
本当にホッとしました!!!!!

マレーシアの妊婦さんは被害者ではなかった!インドネシア人の友達も噂を信じてただけのようです。

以下リンクの記事はインドネシアのジャカルタで学ぶマレーシアの学生のメッセージです。

『インドネシアに来てすでに7ヶ月経ちますが、
インドネシア人からよくマレーシアの事や食べ物なんかについて質問されます。
まぁそれならどうって事ないですよね、、
でもとても驚かされる事は
インドネシア人がマレー語を変に作り変えて笑いのタネにしていることです!
すでに4人から男性被害者の病院についての質問を受けました。
彼らは本当にそんな産婦人病院の名称が存在することに正当性はあるのか?
とふざけて聞いて来ます。 』

産婦人科病院=『男性の被害者病院』の他にも
悪戯好きなインドネシア人によって捏造されて、
しかも実際にそれらの言葉がマレーシアで使われていると信じている人も多いという
『偽マレー語』は存在する。

例えば、
Tiarapはインドネシア語でうつ伏せになると言う言葉だが、
マレーシアでは‘Setubuh bumi’ あるいは‘bercumbu bumi’といって
直訳すると『地球にファックする』と表現をする、、、これを本当だと信じているインドネシア人が多いと言う。

これも友達のインドネシア人に確認した所、
実際マレーシアではそう言うもんだと信じていた!

インドネシア人のマレーシアへの不理解に苦しむ留学生は続ける。

『マレーシア人は比較的インドネシアについて理解してるつもりだと思うんだけど
、あのインドネシア人達ときたら、、、
マレーシア人の僕を見た途端、
マレーシアの人気アニメ『upin & ipin』の主人公達が発するお決まり文句
『betul betul betul betul betul!!!(そうだそうだそうだそうだ)』を連呼して来るんだ、、』

Hoax Rumah Sakit Korban Lelaki

今のインドネシア語の元となったマレー語は

インドと中国を海で最短で結ぶマラッカ海峡付近で交易商人達の公用語として長らく使われて来た言語です。
そもそもインドネシアが、当時の交易公用語、マレー語を現在の公用語インドネシア語として採用するに至ったのは1928年10月27,28日に開催された第二回インドネシア青年会議で、当時オランダの統治下から独立を目指す民族主義運動の
【青年の誓い】と呼ばれる
『ひとつの祖国、ひとつの民族、ひとつの言語インドネシア語という統一言語を使用する』
というこの標榜がキッカケです。
Satu Nusa, Satu Bangsa, Satu Bahasa
(一つの祖国、一つの民族、一つの言語)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e8%aa%9e

しかし、マレー語がインドネシア公用語の起源だったのなら尚更、
過度にマレーシアを茶化す様な造語はやめましょう、面白いけど。笑
それから流言や噂レベルの話の裏はちゃんと取ろうねー。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkoriworld_twをフォローしよう!







-世界旅行
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バングラデシュは旅慣れしてる僕でも割とキツいかもね。

ダッカの空港から友達のオフィスのある 商業エリアモティジールに向かおうと、 タクシーを探した。 フリーランスのドライバーが 『エアコン涼しいよ』 などと営業トークしてくる。 値段を聞くと1200タカ( …

中国広州に黒人として生きて行く事とは?

実は仕事も含めて8日間、香港から深センに行ってました。 今はそれも終わって中国最大のイベント旧正月真っ只中の広州に来ています。 日本では旧正月と呼ばれてますけど中国では春節と呼びます。月が地球の周りを …

フィリピンで睡眠薬強盗を初体験!

睡眠薬強盗、話には聞いていたが遂に自分のターンが来ました! 今回の犯行に巻き込まれた発端は 2月25日にキリノグランドスタンドという場所で行われた ドゥテルテ大統領支持者達の大規模集会です。 ドゥテル …

一度聴いたら脳裏にこびり付くフィリピンの有名曲

今、フィリピンから脱出して中国で最も住みやすい街の1つ?広州に来ています。 しかし50日くらいフィリピンに居たのでフィリピンへの愛着が抜け切りません! 思えば、日本の元同僚Mrジョンとマニラ空港で合流 …

セブ島の夜の街。人間模様。

セブ島に来ています。 毎日マンゴーアベニューという 朝までどんちゃん騒ぎで盛り上がってる通りで そこに関わる人たちと絡んで遊んでます。 毎日夜中12時くらいからコンビニでビールを買って その辺で座って …




Kori
海外こもり歴10年突入。
中米、アフリカのスラム生活から
ドバイの高級アパート生活まで、
幅広く世界を見る視点を養っておる最中であります。
ライフワークはダンス。
趣味は絵画に外国語。
http://koriworld.com で 世界中の情報をお届けしてます

twitter
https://twitter.com/koriworld_tw

mail
koriblog@yahoo.co.jp

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。