世界中のコア情報を載せていきます。

モンサント 食の安全

苫米地英人「モンサントはF1種子をばら撒いて有色人種の人口削減計画を実行している」

投稿日:

モンサントが企む有色人種の人口削減計画!?

苫米地英人さんはこの動画でモンサントの恐ろしい計画について、種子法廃止の恐ろしさについて説明されてます。

この動画を観ていただいて今我々日本人がどういった状況に置かれているのか知ってもらいたいと思います。

あるいは以下は動画の要点と捕捉です。5~10分で読んでいただける内容かと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

まず苫米地氏が番組内で使用している「F1」という用語について我々全員が理解する必要があります。

「F1」とは

メンデルの法則によれば、動植物をかけ合わせて雑種を作る時、第一世代目では優勢の特性を受け継ぐ。「例えば脚が長い、力が強い、などの特性」
第二、第三世代になると劣勢の遺伝子を受け継ぐ。この「第一世代の優性の法則」が「一般的なF1」の定義です。

自然界には時折、突然変異によって「雄性不稔個体=無精子病=子孫を作れない個体」が生まれます。

モンサント社はこの「無精子病の個体」とその他の健康な個体を掛け合わせて「子孫を作れない特性を持ったF1個体」をわざわざ作っています。

そうすることによって農家は毎回モンサントから種を買う事になります。

さらにそのF1個体に除草剤への耐性を持たせた遺伝子を組み込んだ遺伝子組み換え植物を開発しているのです。

苫米地氏によれば、モンサントはミツバチを使って花粉を健康な植物にまで媒介させることによって
自然に「子孫を作れないF1種」を世界中に広げようとしています。
さらに恐ろしいことにF1遺伝子組み換え植物が広がっているアメリカではミツバチが絶滅していなくなっていると言うのです。
因果関係は100%わかりませんが、モンサントの「子孫を作れないF1種」の花粉をミツバチが媒介しているうちに
ミツバチ自身も子孫を作れなくなってしまったという研究報告がいくつもあるのです。

そして「ダボス会議の様な大きな会議で」(ビルダーバーグ会議やCFR、ECFRなどであろうか?)
食糧支援と称して有色人種の人口削減のためにアフリカや中南米にF1種子を大量に送るという話が議題に上がっているそうです。

(ワクチンも無精子病になる副作用が確認されており、マイクロソフト会長ビル・ゲイツやCNN会長テッド・ターナーが
ワクチンを使った人口削減を公然とスピーチしている事は意外と知られていない事実なのです)

日本の農業のF1種子化計画

2017年2月10日に安倍トランプ第一回首脳共同宣言でトランプ大統領がTPP不参加を決めた。
まさに、同じその日、日本の種子法廃止が閣議決定された!(2018年4月には施行済み!)

あり得ません。

トランプ大統領のTPP不参加と日本政府の種子法廃止閣議決定が同日!これは偶然ですか??

実はTPPには種子法廃止が盛り込まれていたのです。
それがアメリカの不参加決定でTPP施行が暗礁に乗ったと見るや否や、日本に種子法廃止を押し付けたのでは?としか思えません。

種子法とは?

国、都道府県が稲、麦、大豆の種を管理することを定めた法律です。
昭和27年「戦後の食糧増産という国家的要請を背景に、国・都道府県が主導して、優良な種子の生産・普及を進める必要があるとの観点から制定」された。
国が稲・麦・大豆の種子を対象として、都道府県が自ら普及すべき優良品種(奨励品種)を指定し、
原種と原原種の生産、種子生産ほ場の指定、種子の審査制度などが規定した。

種子法廃止の背景
・民間企業の種子ビジネスを政府機関や公的資金が圧迫
・あらゆるF1種子特許を所有するグローバル種子企業の巨大勝つ恒久的な利潤のため
・農薬とワンセットの遺伝子組み換えでありライセンスを受けた化学企業も大きな利益
・種子法によって種子ビジネスが規制されているのでモンサントなど大企業が種子ビジネスへ参入できなかった。

種子法廃止をされると何がマズイのか?

・メンデルの法則で米の第二第三世代になると遺伝的優位性が弱まってしまう。そこで、
今までは国が保管してる種子の原種、原原種を新たに入れることで日本の良い米を守って来た。
・しかし今後は外国企業が穀物を支配するようになる。

今後は日本在来の麦、大豆、米(稲の種子)が消滅し、遺伝子組み換えのF1米しか食べられなくなる。

 

さらに種子法廃止だけではなく種苗法(しゅびょうほう)も廃止されていた。

種苗法の廃止
・農家は自分の畑で獲れた種子を自家採取してそれを植えて次の世代を作ることが出来なくなった!モンサントは遺伝子組み換え(GM)種子の特許を持っており、収穫物からの種採りを認めていません。モンサントのユーザーの農家は毎年種子を買わなければならず、種採りをすると特許権の侵害として訴えられてしまいます。

 

「種子法廃止の施行は日本人が人口削減計画対象有色人種に組み入れられた?」
有色人種の人口削減を目論む世界政府の考えについて言及した苫米地氏。

 

国の言い分

今年1月の農業WGでの法律廃止の趣旨説明で農水省食糧産業局の山口克己種苗審査室長は
▽世界的にも戦略物資として位置づけられているので民間事業者によって生産供給が拡大していくようにする、
▽都道府県と民間企業の競争条件が対等になっていない。
奨励品種制度などはもう少し民間企業に配慮が必要、などの理由を挙げ、
「ということで、今回この法律自体は廃止させていただきたい」と説明した。

農林水産省は「農業競争力強化支援」などと銘打って種子法廃止の内容をうやむやにしてますが
モンサントなど種子ビジネス多国籍企業の味方です。
国民の安全な食料を守る義務を放棄しました。

種子法と種苗法の廃止で日本の米は絶滅してモンサントのF1遺伝子組み換え米を食べるしかなくなります。

 

残念ながら種子法廃止は2017年2月に国会によって可決され、2018年4月から施行されてしまいました。

いつの間にこの悪法が通った?何故ほとんどの国民は種子法について知らない?マスコミは?

 

4月19日、野党6党は種子法復活法案を衆院に提出しました。

私は恥ずかしながら野党6党の種子法復活法案を提出したことも知りませんでした。

この法案はどうなったんでしょうか?

2018年6月8日、参院本会議で立憲民政党の小川勝也議員が質問

「主要農作物種子法の廃止法案」に触れ、「国民の命の源である食糧、その源が種子であり、

種子こそが戦略物資化される世界の潮流のなかでの廃止法案」だと危機感を表明。

「現代は、資本主義社会、ビジネス社会だが、生命を人質に取るようなビジネスと、

食料を独占するビジネスはタブーとされてきた。種子法廃止法案と本法律案は明らかに

将来に禍根を残すであろう格別の悪法だ」と批判し、参院での廃案も視野に入れた徹底審議を求め、質疑を終了しました。

我々日本人は茹で蛙と同じようにぬるま湯から熱湯にジワジワ温度を上げられてる事に気が付かず、非常にマズイ状態だと思います。

種子法復活法案を出している野党に政権を取らせましょう。与党内の共闘議員にも呼びかけましょう。

時間は多くありません。F1種GMO種は花粉で広がるからです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkoriworld_twをフォローしよう!

-モンサント, 食の安全
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

これだけは食べない方が良いもの【亜硝酸na】

日本大学アメフト部反則、TOKIO山口メンバー、SMAP解散、清原覚せい剤の連日報道の目的

ジャンヌダルク坂の上零がモンサントに対して怒り狂う!JRPテレビジョン(7月12日)

インドがモンサントを追い出した



Kori
海外こもり歴10年突入。
中米、アフリカのスラム生活から
ドバイの高級アパート生活まで、
幅広く世界を見る視点を養っておる最中であります。
ライフワークはダンス。
趣味は絵画に外国語。
http://koriworld.com で 世界中の情報をお届けしてます

メールアドレスを記入して購読すれば、
更新をメールで受信できます。

206人の購読者に加わりましょう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。