世界中のコア情報を載せていきます。

世界情勢 北朝鮮

トランプ大統領と金正恩が署名した内容

投稿日:

6月12日、シンガポールで北朝鮮とアメリカが世紀の仲直りを果たしました。

公式の取り決めと密約の両方あると言われていますが、

公式にはドナルド・トランプと金正恩は一体、何に署名したのでしょうか?

左:トランプ大統領 右:金正恩委員長

1.米国と北朝鮮は、平和と繁栄のための両国民の要望に基づいて新たな米朝関係を樹立することを約束する。
2.米国と朝鮮民主主義人民共和国は、朝鮮半島における持続可能で安定した平和体制を構築する努力に参加する。
3. 2018年4月27日のパンムンジョム宣言を再確認し、朝鮮半島の完全非核化を目指す。
4.米国と北朝鮮は、戦争捕虜/行方不明者の遺骨の回収とすでに確認されているそれらの即時返還を含めて約束する。
米国と北朝鮮の首脳会談(歴史的には初めて)が数十年の緊張と敵対関係を克服し、

新しい未来の開拓に大きな意味を持つ画期的な出来事であることを認めて、

トランプ大統領と金正日委員長この共同声明での規定を完全かつ迅速に実施すること。

米国と北朝鮮は、米朝のサミットの成果を実現するため、可能な限り早期に、米国務長官、

マイク・ポンペオと関連する高官レベルの関係者が率いるフォローアップ交渉を行うことを約束する。
米国のドナルド・J・トランプ大統領と朝鮮民主主義人民共和国国家委員会の金正恩委員長は、

新たな米朝関係の発展と平和、繁栄の促進のために協力し、朝鮮半島と世界の安全保障に焦点を当てる。

DONALD J. TRUMP
President of the United States of America
KIM JONG UN
Chairman of the State Affairs Commission of the Democratic People’s Republic of Korea
June 12, 2018

トランプ大統領と金正恩議長は朝鮮半島の非核化を完了するためのコミットメントを再確認した、ということです。

平和への意志の再確認、なので何の条件を持ってして北朝鮮が核を捨て、世界に向けて市場を開放するか、

アメリカが制裁を解除し、安全保障を提供するか、など具体的な条件はここには何も書かれていません。

ただ「平和の為に努力しよう、今後の交渉で何が起こるか決めましょうね」とワザと曖昧に書いてますね。

 

もし、話が市場大解放の方向に行くなら、
投資家のジム・ロジャー氏が数年前から「投資先として一番魅力のある国は北朝鮮だ」と指摘している様に

アメリカのネバダ州リノやイギリス領マン島の様にフォーチュン500の企業が集まるオフショア金融区になるか、

あるいは台湾の様に工業化が進むかもしれない。もちろんロスチャイルドは民間中央銀行の設立と眠れる鉱脈やオフショアとしての北朝鮮に興味があるでしょう。恐らく密約のポイントはココでしょう。

しかし中国とロシアも入って来たら、ロスチャイルドの独占にならないかも知れません。

 

そしてもう一方のシナリオでは、ネオコンや、APACの名前で知られる軍産複合体のウォーホークスたち=戦争の鷹たちは引き続き「危険で孤立した北朝鮮」を望んでいます。

このシナリオが世界にとって最も悪い障害になるでしょう。日本の安倍政権はこの軍産複合体の指揮系統にいるので、当然、

反軍産のトランプとムンジェインが協議する米朝韓の交渉からは仲間外れでした。

金一族はこれまで軍産複合体と協調して「危険で孤立した北朝鮮」を演じてきましたが、

トランプ大統領以降、軍産の力が弱まったことが今回の融和に繋がったことは間違いないでしょう。

ジョン・ボルトンなど鷹派が突き付けた最後通牒「リビア式の核放棄=「完全かつ検証可能で不可逆的な核廃棄(CVID)」を受け入れたらカダフィの様に殺される、

と思ったのでトランプ大統領の反軍産派閥と非核化を曖昧にした形でディールしよう、とのことなのだと思います。

「金正恩の親友」デニス・ロッドマンが号泣

彼は「オバマが出来なかったことをトランプは成し遂げた。自分が北朝鮮に行って帰って来た時に何回も殺人脅迫を受けたんだ、、

しかし今この状況になって本当に嬉しい」とカメラの前で号泣した。

ロッドマンは「Make America Great Again」の帽子を被ってトランプをオバマより評価したので、

軍産メディアは彼の事を「脇役がしゃしゃり出るな」などと叩いています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkoriworld_twをフォローしよう!

こちらもポチっとおねがいします。
このエントリーをはてなブックマークに追加ブログランキング・にほんブログ村へ

-世界情勢, 北朝鮮
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

サイリル・ラドクリフ -カシミールにインドとパキスタンの国境線をワザと引かなかった男-

アカデミー賞でオスカーを受賞したホワイトヘルメットの正体はテロリスト

米軍がイスラエルの敵ヒズボラと手を組んだ。アメリカは事実上、内戦状態。

イラク兵「ISISは米軍には攻撃しない」「米軍はISISに食料と武器を投下している」

「日本を取り戻す」グローバリストVSナショナリストの世界の潮流の中で日本が進むべき第三の道!




Kori
海外こもり歴10年突入。
中米、アフリカのスラム生活から
ドバイの高級アパート生活まで、
幅広く世界を見る視点を養っておる最中であります。
ライフワークはダンス。
趣味は絵画に外国語。
http://koriworld.com で 世界中の情報をお届けしてます

メールアドレスを記入して購読すれば、
更新をメールで受信できます。

199人の購読者に加わりましょう