世界中のコア情報を載せていきます。

アフリカ ドラッグ 世界旅行 健康 陰謀論

あなたは予防接種ワクチンを拒否できますか?タンザニア国境の話

投稿日:

 

ワクチンには水銀など毒物が含まれていることをご存知ですか?

水銀、不凍剤(液)、ホルムアルテヒド、ホウ酸ナトリウム+水和物、

グルタルアルデヒド、MSG、硫酸塩とリン酸塩化合物、硫酸ゲンタマイシン、

ネオマイシン、動物の細胞、DNA、血液、タンパク質、ウィルス、ヒト(胎児)のウィルス、

「アルミニウム」「フェノキシエタノール」「フェノール」「硫酸アンモニウム」

「リン酸トリブチル」「βプロピオラクトン」

ワクチンには自閉症の因子や発がん性となるであろう物質が意図的に仕込まれている、

と思っております。やはりユースタス・マリンズの名著「医療殺戮」を読んで

多国籍企業群が医療業界に侵入して毒をばら撒くやり方で金儲けをしている構図を知ったからです。

僕はワクチン注射を受けるのを拒否した経験があるのでご紹介しましょう。
2015年、場所はケニアとタンザニア国境の検疫所。
モンバサのビーチリゾートを満喫した僕はタンザニア行きのバスに乗り込みました。
タンザニア国境ではパスポートと幾分かの通行料を払いビザを取る必要がありました。

しかしそれに加えて黄熱病の予防接種証明書が必要だったとは知らなかったのです!

国境施設の検疫所に連れていかれて50ドル(うろ覚え)払ってこの注射を打つように言われました。

僕は医療業界の狂気を書いたユースタスマリンズの「医療殺戮」という本を呼んでましたので目の前で

注射器を持って迫って来るお医者さんが悪魔にみえました、、

プラス、ちょうどその前年2014年にエボラ出血熱が西アフリカで流行していましたが、

現地メジャー新聞リベリアン・デイリーオブザーバー紙ではエボラウイルスはCIAがばら撒いた

化学兵器でエボラの特許番号まである、という記事がトップ一面に出ていたのを見ていたし

(現在その記事は消されてましたががCBSがその記事のことを取材してましたのでここで読めます

「何か入ってたら嫌だしワクチン接種絶対したくない!」と強く訴えました。
最初「ワクチン打たなければタンザニアには入れないよ」と突っぱねていた医者ですが、

僕がデイリーオブザーバーの記事のスクリーンショット画像やHIVはフォートデリック研究所で

1970年代に開発された、抗がん剤は第一次大戦中に使われたマスタードガスだ、などど

陰謀論の波状攻撃をしたところ、、、、、

「僕は君を信じる!」といってワクチンの入った注射器をゴミ箱に捨てて、

ワクチン接種証明書だけくれました!マジよかった~助かった~!!!

ワクチンについては賛否両論ありますが中身が何なのか分からず

ご自身が納得できないのならどうして謎の物質を体内に入れることができるでしょうか?

こうしている今も我々の未来、子供達には何十種類もの予防接種が待ち構えています。

が、しかし、現在の日本ではワクチンの接種義務はありません。

こちらのブログによりますと

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://blogs.yahoo.co.jp/yume_kokoro_mirai/28225212.html

•(1)麻疹(はしか)、(2)百日咳、(3)ジフテリア、(4)破傷風、(5)風疹(三日ばしか)、

(6)BCG(結核のワクチン)、(7)日本脳炎、(8)ポリオ(急性灰白髄炎)

•これらの予防接種は、これまでは”義務接種”、つまり国の強制でした。

それが1994年の予防接種法改正で、「接種するよう努めなければならない」

という”責務接種”に切り替えられました。

これは、20年間にわたって各地で争われてきた予防接種被害のすべての

集団訴訟で国が全面敗訴したことと、 現在行われている予防接種の多くが必要性・

有効性・安全性の面において 疑わしいことが知られるようになってきたためです。

ですから日本では簡単に断れます。先人達が戦ってくれたおかげです!

中身が何か分からず判断がつかなくて不安なんだったら拒否してください。

そしてインターネットや書籍などで多方面から勉強しましょう。

従順な国民にならないでください。

~一方世界では~

イタリアでは2017年より、6歳までにポリオ、ジフテリア、破傷風、B型肝炎、

インフルエンザ、B型髄膜炎、C型髄膜炎、麻疹、風疹、流行性耳下腺炎、百日ぜき、

水疱瘡の予防接種が義務付けられることとなった。

アメリカでも麻疹の予防接種は全州で義務です。ただし宗教上の理由を盾に拒否は出来る。

オーストラリアでは予防接種拒否する家庭に児童手当のカット。

 

厳しすぎる!

ワクチンについてはまた書きます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkoriworld_twをフォローしよう!

こちらもポチっとおねがいします。
このエントリーをはてなブックマークに追加ブログランキング・にほんブログ村へ

-アフリカ, ドラッグ, 世界旅行, 健康, 陰謀論
-, , , , , , , ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

巨大製薬会社がシャブの原料をドラッグカルテルに売っていた!

コカイン14キロがアメリカンエアラインの機首から発見された。一体だれが。

ベルリンのトラック襲撃の訂正。実は最初のナンバープレートのレポートは正しかった。 そのこじつけが基本的に何かがとてつもなくめちゃくちゃになっている事の証明。

これだけは食べない方が良いもの【亜硝酸na】

イルミナティは2つある?




Kori
海外こもり歴10年突入。
中米、アフリカのスラム生活から
ドバイの高級アパート生活まで、
幅広く世界を見る視点を養っておる最中であります。
ライフワークはダンス。
趣味は絵画に外国語。
http://koriworld.com で 世界中の情報をお届けしてます

メールアドレスを記入して購読すれば、
更新をメールで受信できます。

199人の購読者に加わりましょう